AWS CDK Conference Japan 2024 で登壇してきました

2024/07/06開催「AWS CDK Conference Japan 2024」で登壇してきました。


目次

目次


AWS CDK Conference Japan 2024

年に一度のCDKの祭典で自分が1年で一番楽しみなイベント、「AWS CDK Conference Japan 2024」で登壇させていただきました。

jawsug-cdk.connpass.com


セッション

AWS CDKにおける「再利用性」を考える

AWS CDKにおける「再利用性」を考える」という発表をしました。

speakerdeck.com


今回は豪勢な発表の中、トリの出番を任せていただきました!

内容は、AWS CDKを使う上で「再利用性」というテーマをもとに考え、日頃貯めた実装TIPSを発表しました。


AWS CDKはプログラミング言語で書けるが故に様々な書き方ができ、再利用性を担保した実装が可能です。

しかし、その再利用性を担保したCDKの実装方法は中々世にセオリーが出ておらず、組織・個人ごとに秘伝のタレとなっていたり属人化してしまっているケースも多いと感じていました。

そこで、日頃のCDK開発やCDKコントリビュート活動を通して、自分なりに再利用性を活かした実装方法のノウハウを貯めていたため、それらを今回世に公表したかったというモチベーションになります。


そこらへんも含め満足いく発表・アウトプットができて良い機会になったかなと思うので、ぜひ資料をご覧いただいて、何か一つでも役に立つ点があれば嬉しい限りです。


去年も登壇してます

去年は「AWS CDKとZodを活用したバリデーションパターン集」という発表しました。こちらもよかったらぜひ。

speakerdeck.com


CDKコントリビュートワークショップ

またセッション登壇だけでなく、CDKコントリビュートワークショップをやってもらえないかというご依頼をいただき、クライヤーさんゆっきーさん方と開催させて頂きました!

jawsug-cdk.connpass.com


これがまた非常に好評で、今回のワークショップをもとに実際にCDK本家にすでにコントリビュートされた方もいて、CDK界隈に貢献できたんじゃないかなと。改めて、やってよかったなあと思います。

今回ご参加いただけなかった方にも向けて、また開催したいなと思っています。


もしCDKコントリビュートやってみて、もしくはやりたくて、何かわからないこと・聞きたいことがある方、お気軽にリプライしてください。わかる範囲、できる限りで最大限にサポートします!


あとがき

最近はAWS HEROに選出いただいたのもあり、AWSやCDKコミュニティをもっと盛り上げるために、自分ならではの役割を考えたりしております。

今までは自分1人で楽しくやってただけなのですが、これからはAWS HEROの名に恥じぬよう、周りを巻き込む立場としてコミュニティにバリューを貢献せねばなあと。

具体的には、CDKコントリビュートのサポート、そしてCDKの盛り上げ隊長、またニッチだったり汎用的だったりするCDKのTIPSの登壇や執筆などのアウトプットもどんどんしていかないとなあと思いました。国内だけでなく、海外にも向けて率先して盛り上げていきたいと思ってます。

CDKコントリビュートは最近はもっぱらレビューが多いですが、自分自身もPRを出していけたらなあとも思ってます(登壇やら何やらで忙しくて中々できない・・・!)


まあなんにせよ、年に一度の祭典、とても楽しかったです。懇親会ではAWS HERO祝いの品やお言葉をいただき、非常に嬉しかったです。

皆様、本当にありがとうございました。CDK界隈、みんな優しいぜ!

また来年が楽しみです!それまでの間も、交流を深めさせていただけると嬉しいです!