AWS App Runnerのロードマップで機能追加のリクエストを送る

AWS App Runnerという、ECS・Fargateの代わりになるAWSの超お手軽コンテナサービスのロードマップに機能追加の要望を起票してみたので、そのあたりのお話を。


概要

AWSサービス、特に新しいサービスには色々こうして欲しい・ああして欲しいという要望や、うまく動作しなかったりなどの問題があることがあります。


そんなとき、ただ願う・待つだけじゃなく、要望としてリクエスト・アクションを起こしたりすることができるので、ガンガン意見を出せるんだというお話です。


具体的には、機能追加・バグ・その他要望を気軽に起票したり、すでにある要望に賛成(good)したりすることで、そのサービスの今後の開発に(もしかしたら)活かしてもらえるかもしれません。


AWS App Runner

VPCやELBなどのリソースを自前で作らなくてよくなったり、ECS・Fargateのような多岐にわたる設定無しで気軽にコンテナアプリをホスティングしたり、CI/CDを簡単に導入できたりする、今注目のコンテナサービスです。

docs.aws.amazon.com


ロードマップ

ざっくり書くと、サービスの今後の開発予定などを管理するものになります。

サービスによってはfeature requestも書ける場所として、ユーザーからの今後の開発要望、またはそれに対する開発者からの返答・開発にあたっての予定なども聞けるかもしれなかったりします。


今回例に挙げるAWSのAppRunnerでは、ユーザーが自由に起票でき、様々な要望を出せるため、自分も起票してみました。


こちらは、GitHubのissueで管理されています。

github.com


実際に

App Runnerの特徴や違い

App Runnerはまだ新しいサービスで、比較・代替となるECS Fargateと比べると、お手軽ではあるものの「あの機能が欲しいなあ」みたいな印象が残る、痒い所に手が届かない部分もあって本番導入には様子見してしまうような現状があったりします。(その上で、素晴らしいサービスです!)


具体的に、ECS Fargateとの違いはこちらでまとめた記事を書いたので、よかったらぜひご覧下さい。

go-to-k.hatenablog.com


起票してみた

そこで、「こんな機能が欲しいな」というリクエストをissueを立てて出してみました。

github.com


普段ECS・FargateとELBで運用をしていてユーザのアクセスログをELBによって収集しているのですが、現状App Runnerにはそのような機能がないため、その機能が欲しいというリクエストをしてみました。


※ただ今回のは急ぎで出してしまい少し雑で内容が足りないので、本当はもっと内容をちゃんと書いた方が良いです(かつ、わかりやすく、簡潔さを心掛ける)

※なぜ急ぎだったかというと、先日あったAWSの「DevAx::connect 番外編 App Runner VPC接続記念!」というセミナーで、こんな機能(アクセスログ)ありますかという質問を投げたところ(もともとないという判断をしていたが確信が欲しかった)、特にロードマップに起票されていないことを知ったため、急いで「起票してみよう!」と思いやってみた感じです・・・


Issueの立て方

具体的に、App Runnerのロードマップでの起票の仕方を説明します。


ロードマップのIssueに飛ぶ

飛んでみると、現在の要望の一覧が閲覧できます。

github.com


右上の「New Issue」をクリック

とりあえず押します。


「Feature request」の「Get started」をクリック

とりあえず押します。


要望・内容を記入して「Submit new issue」をクリック

最初からテンプレートが入力してあるため、タイトルを記入し、本文はテンプレートに沿って内容を入力していくため簡単です。(英語にはなりますが)


Issueの項目

ロードマップのIssueを立てる際、上記のようにテンプレートが用意されているため、各項目の説明をします。


Community Note

こちらは特に変える必要はなく、そのままでOKです。

要は、「賛同したらgood/LGTMボタン押してくれ!」という内容です。


Tell us about your request

これが一番重要で、具体的な機能の要望を書きます。

自分は以下のように、2行で「こんな機能が今ないから欲しい!」と書いただけです。

Currently App Runner supports some type logs such deploy, event, and application logs. But can't collect access logs like ELB(ALB) access logs.
The feature will help collection for client property and http status codes and so on.


本当は(他のOSSなどでは)もっと細かい内容を書いた方が良かったりするのですが、App Runnerの他Issueでは意外とシンプルな起票が多かったため、これでいいか!と思い勢いでsubmitボタンを押してしまいました・・・


Describe alternatives you've considered

A clear and concise description of any alternative solutions or features you've considered.

このように、「代替案や機能案を上げてくれ」という項目です。


私の場合は、「ELBアクセスログのような」という具体的な指定がしたかったので省いてしまいましたが、本当は例えば代替案として「CloudFrontを前段に挟んでログを取る」のようなことが書けたら良かったです。

または、既存の仕組みで代替する以外に、「こういう機能・仕組みだといいよ」みたいな内容でもあります。

ひとまず書くに越したことはないので、書けるのであれば書いた方が良いかと思います。(clear and conciseに)


こちらは書かずに起票する方も多いですが、追記などをする感じです。

  • Additional context
  • Attachments


最後に

雑な感じにはなってしまいましたが、AWSという巨大すぎるもののサービスでも、意見を出したりすることができるんだ、ということをお伝えしたくこのような記事を書いてみました。


内容は置いておいて、意見を出してみるのは意外と他の人がみんな思っていたり、思っていなかったけど賛同してくれたりして、結果的にそのサービスがより良い・自分好みなものになっていく可能性があるので、自分的にはやっていって盛り上げるのが良いのかなとも思います。

特に新しいサービスは、開発者もユーザの意見を求めていたりするので。。。


他の世の中にたくさんあるOSSなどのプロダクトでは、ロードマップは閲覧専用で、それとは別でバグレポ・Feature Request用の場所を用意していたりするので、臨機応変に対応してください。


App Runnerも、自分の書いたFargateとの比較記事で挙げた未対応機能に関してほとんどロードマップに起票されていたので、どんどん進化してくれると本番導入ができるなと思い、定期チェックしていきます。


(再掲:良かったらこの自分のApp RunnerのIssueも、同意頂けたらgoodボタン押してもらえると嬉しいです。。。)

github.com



Twitter始めました!

良かったらぜひ。お知り合い増やせたら嬉しいです。

Twitter ID → @365_step_tech